2016年1月 9日 (土)

高尾山

正月休みの最終日に、一念発起して高尾山に行ってきました。小学校の遠足以来です。

最近、色々な想いから、登山・ハイキングへの衝動が高まり、その入門として高尾山に挑戦しようと考えていました。禁煙を機にした体力づくりなどの目的もあるのですが、何かこう・・・自然の中を無心になって歩きたい気分だったんです。

P1040013

素敵なデザインの高尾山口駅。新国立競技場を設計した隈研吾さんによるものだそうです。

P1040017

P1040018

途中までケーブルカーを利用したし、登山コースは一番簡単とされている一号路を使ったこともあって、特段の負担を感じずに頂上に着くことができました。

P1040027

P1040033

P1040035

中腹にある薬王院で参拝します。昨年は色々と反省も多かった。今年は何事も一生懸命に取り組まないとな・・・という感じで、自身の努力をベースに自信を持って日々を過ごせるよう祈ってきました。

健康登山手帳を入手したこともあり、また訪れようと思っています。まずは3号路や4号路を利用して徐々に体力づくりや装備の充実を図り、最終的に6号路と稲荷山コースに挑戦していきたいと思います。

20160104_063140794_ios

頂上で食べたおでんがとても美味しかったです!

【装備について】
社会人になってから初の登山ということで、登山用品を持っていませんでした。まぁ、登山道の整備された高尾山であれば、特別な装備は不要かもしれません。

ただ、昨年11月に山城である八王子城を登った経験から、登山は意外と汗をかき、汗冷えや不快感を招くので、吸汗・速乾を謳った専用のアンダーウェアを用意していきました。

靴も1号路であれば普通のスニーカーで大丈夫だと思います。私はモンベルのクラッグステッパーというハイキングシューズを履いていきました。一見、普通のスニーカーのようですが、ソールの造りがしっかりしています。デザインも良く、値段もお手頃。登山道の整備された低山や山城などに活用していくつもりです。

M_k_1129331_dknv_2

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

ブレーキパッド&ホイール交換

久しぶりのBlog更新です。仕事が結構忙しくBlogの記事を書いている余裕がありませんでした・・。ちょくちょくFacebookには書き込んでおり、それで満足してしまった、ということもありそうです。

さて、タイトル通り、久しぶりに自動車整備をしました。

Z33の純正ブレーキについては初期のインプレッションでも記しましたが、踏み始めの効きはマイルドでいながら踏力に応じて確実に効き、とても良く作られていると思います。ただ、重い車ゆえか若干制動力が不足する、ブレーキダストが酷いという印象です。これを解消するためにブレーキパッド交換を検討し、過去のジムカーナ経験から馴染みのあるWinmaxのARMA AT2を選択しました。

いわゆるストリートモデルで、WinmaxのHPを参照すると「純正パッドより効力性能を20%アップ。」とあります(といっても、純正パッドの効きは車種によって様々で、適切な表現とは思えませんが・・)。また、材質はノンスチール材ということで、錆に悩むこともなさそうです。

ホイールに関しては、Z33・前期型のあまりに安易なデザインのホイールが気に入らず、これをZ33・後期純正ホイールに交換します。純正ホイールなら安く手に入るかと思ったのですが、デザインが良く色々と流用がきくため人気があるようで思ったより高かったです。ただ、RAYS CE28Nなどを一式揃えるよりはよっぽど手頃です。

ブレーキパッド・ホイール交換計画は随分前に立てていたのですが・・ジムカーナに熱中していた昔と違って今はジャッキアップするのも億劫でなかなか手をつけることができませんでした。お店にお願いすることも考えたのですが、ブレーキパッド交換は簡単な作業の割に工賃は意外と高いですよね。今月車検を迎えることを機に重い腰を上げて作業に取り掛かります。一点、懸念があったのは、これまでホンダ車3台を乗り継いてきており、日産車の整備が初めてだったこと。ただ、よく考えれば、ブレンボということで、DC5と全く同じですね(実際、フロントブレーキパッドの型番はDC5と同じです)。

真夏の日中作業ということで汗だくになりながらも、作業自体は昔取った杵柄で問題なく終了しました。ブレーキパッドのインプレッションは・・まだアタリもついていないですし、まぁ特に大きな期待もしていませんので気持ちの問題ですね。ただ、ホイールは後期型の方が断然カッコ良くとても満足しています!

120820

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

囲碁に挑戦!めざせ初段!

今年2月から新宿で開催されている囲碁教室に通い始めました。

囲碁に興味を持ったのはだいぶ前で、ご多分にもれず、マンガ「ヒカルの碁」の影響です。ジャンプ連載中も毎号、楽しみにしていたのですが、ある日、仙台に出張する際、時間潰しにと駅の売店で単行本を買って改めて読み直したらその内容に強く惹かれ、わずか数日で全巻が揃ったものです。当時の熱中ぶりはすさまじく、ゲームキューブとヒカルの碁3というゲームソフトや、ヒカルの碁・囲碁スターターBOX(9路盤と簡単なテキストのセット)、梅沢由香里さんの囲碁入門の書籍などを買い揃えました。が、結局、買い揃えて満足してしまったのか、全くを手をつけていなかったんですよね・・。ジムカーナに熱中したり、サックスを始めたり、大学院に進学したりと、そのうち囲碁のことは全く忘れ去ってしまいました。

大学院も卒業し、また会社を退職して時間的な余裕があったこと、日経で女性の間で囲碁ブーム・・なんて記事を読んだりと、次第に再び囲碁への関心が高まってきました。

色々と囲碁教室を探してみたのですが・・平日日中に開催している碁会所が多いですね。これじゃ、囲碁は年寄りのやるものというイメージから抜け出せず、若い人に普及しないのも無理はありません。

最終的に、金曜日の19:00から開催している「吉原由香里・王唯任・万波佳奈の囲碁教室」に参加させて頂きました。

3ヶ月・1クールで今日が初級者教室の最終日。とても人柄の良い王唯任先生、真有子先生、美人の小田彩子先生、そして同期の仲間に恵まれて、楽しく3ヶ月を過ごすことができました。

最終日の今日は王唯任先生から20級の認定を受けました。これからが本当のスタートです。地道に取り組んで、まずは、1桁級目指し、将来的には初段を目指して頑張っていこうと思います。

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

SUBARU BRZ

新宿に用事があって出かけた際、スバルのショールームがあるのを思い出して、BRZを見るために寄ってきました。

スペック的に競技で勝てる車ではないと思いますが、日常の街乗りでスポーツカーのフィーリングを味わい、時にはサーキットなどのスポーツ走行を楽しむ、お洒落に乗りこなすことができる車だと思います。

デザインが、悪くはないがいまひとつ、というのが率直な感想なのですが(特にリア周り)、燃費も良いし、値段も手頃、排気量やボディサイズが大き過ぎず適正と、とても良い車だと思います。

見に行って初めて気づいたのですが、ハッチバックではないんですね。今までハッチバックのクーペを乗り継いできたので(DC5/DC2/Z33)、ちょっと意外でした。ハッチバックは使い勝手が良いですからね。

ショールームは若い方より、意外にも年配の方が多かったです。それと、身長が高く知的で美しいお姉さんが配備されているのが印象的でした・・。

蛇足ですが・・トヨタの86という名称は個人的にイマイチと思っています。何かキチンとした名称を与えて、型式、例えばFT86等から、愛称がハチロクになるんだったら分かるんですけどね。

120418a

120418b

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

サックスアンサンブルに挑戦!

さあ、新年度だ!2年間の大学院における勉強も終わりましたが、これからも好奇心の赴くまま新たなことに挑戦し続けていきたいと思います!

その手始めに・・サックスアンサンブルに挑戦です!

サックスのレッスンも再来月には4年目に突入し、クラシックサックスの興味が高まると同時に、アンサンブルを経験したいと強く思うようになりました。学生時代から吹奏楽しか経験がなく、不思議と、これまでアンサンブルの機会は全くありませんでした。

現在の所属楽団のパートでは、私を含めレッスンにも通い熱心に取り組んでいるメンバーも何人かいます。また仲も悪くないのですが、コミュニケーションを活発にしてパート全体としての技量やまとまりを高めていこうという意識や取り組みは残念ながら皆無です。様々なスタンスの人が集まっているわけですから、おのずと限界があり、ここではアンサンブルの取り組みは難しいと思います(ただ、以前行ったように、せめてテナーだけによるパート練習を定演前に行うことは個人的に考えています)。

サックスアンサンブルという、これまで経験のない分野に飛び込むにあたっては、一生懸命に取り組むことに達成感や充実感、喜びや楽しみを見出せる活動をしたいと思い、昨年末から、それぞれの置かれた環境の許す範囲で熱心に練習に取り組んでいる「サックス倶楽部アクシェ」に参加させて頂きました。

まだ、割り振られた曲を十分にさらえていないのですが、早くも今年5月27日は演奏会が行われます。ご都合がつくようでしたら、是非、お越し頂きたく、ご案内させて頂きます。

下記、ポスターをクリックすると大きな画像が表示されます。詳細はそちらでご確認下さい。

120414

| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

鎌倉・鶴岡八幡宮の桜

桜が咲く美しい季節になりました。前から行きたかった鎌倉・鶴岡八幡宮へ花見を兼ねて出かけてきました。中学生の遠足以来の鎌倉です。

120412a

120412b

120412c

120412d

リスだ!桜の花びらをせわしげに食べていました。

120412e

120412f

120412g

120412h

120412i

120412j

鶴岡八幡宮の休憩所で、たいして美味くない焼きそばとフランクフルトを食べたのですが・・古都鎌倉において風流な食事ではないと反省し、小町通りの手打ち蕎麦のお店で口直し。やっぱチェーン店と違って、専門店はおいしいな、と満足です!

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

江ノ島

落ちこみがちな日々が続いたので、気分転換にドライブがてら江ノ島まで足を伸ばしました。

平日だと言うのに、結構、込み合っているものですね。

山道に沿って歩き、途中のお店で団子やまんじゅうを食べて休憩しつつ、神社や庭園にも寄り、時間をかけて小さな島を巡りました。一周して軽い疲労と空腹を感じながら、参道から外れた裏路地にある磯料理きむらで食事。しらす丼、さざえ壷焼き、焼はまぐりを注文しました。古い建物の座敷という空間が何故か心地よかったです。

鎌倉にも寄ろうと思ったのですが、史跡や名所を巡るには十分な時間が取れないだろうし、車で来ちゃったから・・と諦めました。桜が咲く来週ぐらいにまた訪れようと思います。

仲の良い子が一緒に行ってくれました。良い気分転換ができました。ありがとうね。

120402a

120402b

120402c

120402d

120402e

120402f

120402g

120402h

| | コメント (5)

2012年1月 3日 (火)

あけましておめでとうございます!

年末年始はMOTペーパーに没頭しています・・と言いたい所なのですが、案の定、ダラダラと過ごしてしまっています(汗)初詣には行かなかったのですが、年末に日光東照宮にお参りし、新たな年の決意を祈願してきました。

120103a

120103b

120103c

理科大MOTも、今月末にはMOTペーパーを提出し、2年間の学生生活が終わろうとしています。感慨に浸るのはもう少し先にして、今はMOTペーパーの完成に全力を尽くしたいと思います。

卒業後のことも色々と考えています。2年の間に色々と他のことにも関心が沸き、来月から少しずつ挑戦していこうと思っています。サックスアンサンブル、Jazz、ピアノ、囲碁、ハイキング・・。活動範囲を広げ、色々な方達と出会い、そして熱中していくことでしょう。今年はこれらの取り組みも紹介できると思います。

仕事の方も頑張らなければなりません。実は先月、長らく勤めた会社を辞めました。色々と考えた末での決断ですが、理想を追い求める前に、当然ですが明日を食っていくために働かなければなりません。色々と不安もあるのですが、安易な就職は避け、自身のキャリア形成、目指す姿を実現できる環境を探していきたいと思います。

勉強も引き続き、力を入れていきたいと思います。この2年間で色々と視野が広がり、今後は自分のペースでより深い理解を追及していきたいと思っていますし、科目等履修生(もしくは、もぐり?)として色々と学んでいきたいと思っています。

そういえば、3年前のCCIE合格以来、技術書を一冊も読んでいません。自信をもって仕事を進めていくためにも、再び技術書を読む習慣をつけていきたいと思います。

その他、TOEIC800点、簿記3級・2級合格を目指そう!

ということで、今年も目一杯で余裕のなさそうな一年となりそうです。でも良いんです。ずっとこうだし、これからもそうだと思います。ゆとりある生活に憧れもするけど、一生懸命な自分は嫌いじゃないし、輝いて見えるに違いない!

あっ、そうだ!婚活もしなきゃ!「卒業して1~2年が勝負!」と西野先生が言ってたな。がんばろ!

| | コメント (2)

2011年12月16日 (金)

部屋の大規模模様替え

地デジ移行・液晶テレビ受け入れ準備にあわせて、大規模に部屋の模様替えをしました。

ポイントは・・

・ 不要になったテレビ(ブラウン管)・テレビ台を処分
・ 新しい液晶テレビ用のラック設置
・ デスクトップPC・液晶ディスプレイは処分し、ノートPCをメインPCとして使用
・ それに伴い、パソコン用デスクを処分
・ 学習机付属の袖机を処分
・ 長年使用して汚くなった絨毯を取替え
・ 障子の張替え(今まで紙はなく、枠だけだった・・)
 
ここ最近標榜している”ちょっと知的でおしゃれ”な路線を実践していくためには、まずは住環境を見直さなければならないと思い立ち、液晶テレビの導入を機に大規模な模様替えを実施することにしました。これまで、男の一人暮らしですから、ちょっと人を呼べない位、散らかっていたし雑然としていたのです・・。

作業終了後、手伝ってくれた後輩に、報酬の焼肉をご馳走してきました。

111216

一日中、作業を行っていたのですが、狙い通り、なかなか素敵な空間に様変わりしたと思います!

けど・・またどうせ直ぐ散らかるんだろうな・・。

| | コメント (3)

2011年11月15日 (火)

ブナの会~2011年秋~

理科大MOTでは、有志による自主活動として、東大秩父演習林を散策するフィールドワーク・ブナの会を毎年開催しています。未来技術論1の湯原先生もご一緒下さり、都会の喧騒を忘れて色づくブナの原生林を散策します。

今回、私も初めて参加させて頂きました。サックスの練習や勉強、読書、そしてMOTペーパーと様々なプレッシャーから常に心の余裕のない私にとって、本来であれば見送るイベントのはずでしたが・・何故か参加したい気持ちだったのです。気まぐれ・・といった方が正解かもしれません。

前回は雨に見舞われ大変だったらしいのですが、今回は天気にも恵まれ気持ちの良い散策日和でした。最初こそは平地にちかく色づく木々や渓流を楽しんでいたのですが、湯原先生がどんどん先を進まれて、だんだん平地から険しい勾配のある山道となり、普段運動を全くしない私にとっては結構キツイ行程となりました。ただ、その分、開けた山腹で取った休憩・昼食は気持ちの良いものでした。次回はもっと先を目指すそうなので、参加する人は覚悟していきましょう!

111115a

111115b

111115c

111115d

111115e

111115f

111115g

111115h

111115i

登りはホント大変でしたが、下りは楽チンですね♪ただ、険しい山道を歩くので、シューズはちゃんとしたものを用意した方が良いですね。私もこの日に備えてトレッキングシューズを買ったのですが大活躍でした。

演習林を散策後は温泉→キジ料理というスケジュールです。いや、ホント、近年こんなハードな運動をしたことがなかったので、温泉宿に向かうバスではぐっすり寝ていました。温泉も気持ちよかったな~。普段、シャワーしか浴びないので、温泉がこんなにも良いもんだなんて知らなかったよ。温泉で汗を流した後はお楽しみのキジ料理!初めて食べたのですが、とても美味しかったです。

振り返ってみると、普段の心配事を完全に忘れ去り、散策・温泉・キジ料理と、これまで経験したことのないことを存分に楽しめた一日でした。また同期の7期生はもちろん、これまであまり接点のなかった皆さんとも色々とお話できたことは本当に良かったです。大事にしていきたいネットワークができたな、という気持ちです。

当初は気まぐれでの参加でしたが、意外にも次回も参加しようか!と考えているほど充実した一日でした。

| | コメント (3)

2011年10月 4日 (火)

駒沢給水塔

大正12年に建造されたという水道施設が、年に一回、地元の保存会の主催により一般公開されると聞いて見学してきました。

大変歴史ある施設ですが、平成11年に稼動を停止し、給水所としての役割を終えています。現在は、震災などの緊急時に備えた貯水施設として使われているそうです。

111002a

111002b

111002c

111002d

111002e

111002f

歴史ある施設ですから、これからも近代化遺産として大切に保存されていって欲しいですね。

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

嬉しかった成績

昨日、2011年度前期の成績が参照できるようになりました。

私は昔から何をやらしても平凡なので、当然、学業においても平凡な成績が並ぶ訳ですが・・その中で、宮永先生の新事業開発論でS評価を頂くことができました!

思い返せば、1年半程前の入学者選抜の面接担当官の一人が宮永先生でした。面接は・・もう記憶の彼方に追いやってしまいたいほど、ひどいありさまでした・・。入学を認めて頂いた期待に応えるためにも、恥ずかしくないだけの成績を残したいと思っていたので、本当に嬉しかったです。

さぁ、いよいよ来週末から最後の学期が始まりますね。これまでの経験上、授業に忙殺されて、MOTペーパーどころではなくなることが予想される為、履修する授業は大幅に減らすつもりです。ひょっとしたら、ゼミ以外は取らないかも・・。

MOTペーパーの進捗ですか?全く手付かずです!そろそろ気分を入れ替えて本腰で臨まなければなりませんね。

| | コメント (0)

«決定プロセスの透明性