2012年8月20日 (月)

ブレーキパッド&ホイール交換

久しぶりのBlog更新です。仕事が結構忙しくBlogの記事を書いている余裕がありませんでした・・。ちょくちょくFacebookには書き込んでおり、それで満足してしまった、ということもありそうです。

さて、タイトル通り、久しぶりに自動車整備をしました。

Z33の純正ブレーキについては初期のインプレッションでも記しましたが、踏み始めの効きはマイルドでいながら踏力に応じて確実に効き、とても良く作られていると思います。ただ、重い車ゆえか若干制動力が不足する、ブレーキダストが酷いという印象です。これを解消するためにブレーキパッド交換を検討し、過去のジムカーナ経験から馴染みのあるWinmaxのARMA AT2を選択しました。

いわゆるストリートモデルで、WinmaxのHPを参照すると「純正パッドより効力性能を20%アップ。」とあります(といっても、純正パッドの効きは車種によって様々で、適切な表現とは思えませんが・・)。また、材質はノンスチール材ということで、錆に悩むこともなさそうです。

ホイールに関しては、Z33・前期型のあまりに安易なデザインのホイールが気に入らず、これをZ33・後期純正ホイールに交換します。純正ホイールなら安く手に入るかと思ったのですが、デザインが良く色々と流用がきくため人気があるようで思ったより高かったです。ただ、RAYS CE28Nなどを一式揃えるよりはよっぽど手頃です。

ブレーキパッド・ホイール交換計画は随分前に立てていたのですが・・ジムカーナに熱中していた昔と違って今はジャッキアップするのも億劫でなかなか手をつけることができませんでした。お店にお願いすることも考えたのですが、ブレーキパッド交換は簡単な作業の割に工賃は意外と高いですよね。今月車検を迎えることを機に重い腰を上げて作業に取り掛かります。一点、懸念があったのは、これまでホンダ車3台を乗り継いてきており、日産車の整備が初めてだったこと。ただ、よく考えれば、ブレンボということで、DC5と全く同じですね(実際、フロントブレーキパッドの型番はDC5と同じです)。

真夏の日中作業ということで汗だくになりながらも、作業自体は昔取った杵柄で問題なく終了しました。ブレーキパッドのインプレッションは・・まだアタリもついていないですし、まぁ特に大きな期待もしていませんので気持ちの問題ですね。ただ、ホイールは後期型の方が断然カッコ良くとても満足しています!

120820

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

SUBARU BRZ

新宿に用事があって出かけた際、スバルのショールームがあるのを思い出して、BRZを見るために寄ってきました。

スペック的に競技で勝てる車ではないと思いますが、日常の街乗りでスポーツカーのフィーリングを味わい、時にはサーキットなどのスポーツ走行を楽しむ、お洒落に乗りこなすことができる車だと思います。

デザインが、悪くはないがいまひとつ、というのが率直な感想なのですが(特にリア周り)、燃費も良いし、値段も手頃、排気量やボディサイズが大き過ぎず適正と、とても良い車だと思います。

見に行って初めて気づいたのですが、ハッチバックではないんですね。今までハッチバックのクーペを乗り継いできたので(DC5/DC2/Z33)、ちょっと意外でした。ハッチバックは使い勝手が良いですからね。

ショールームは若い方より、意外にも年配の方が多かったです。それと、身長が高く知的で美しいお姉さんが配備されているのが印象的でした・・。

蛇足ですが・・トヨタの86という名称は個人的にイマイチと思っています。何かキチンとした名称を与えて、型式、例えばFT86等から、愛称がハチロクになるんだったら分かるんですけどね。

120418a

120418b

| | コメント (0)

2010年10月17日 (日)

サイドブレーキシュー交換

Z33に乗り換えてから、深夜にドライブがてら首都高を流すことが多くなりました。乗り換えたばっかですからね、楽しい時期です(笑)上質な内装に包まれ、深夜に何も考えずにクルージングするのは、とても良い気分転換になります♪

ところで、先日、Z33で問題だと感じていたサイドブレーキの効きの弱さ対策として、サイドブレーキシューの交換を実施しました。今更、サイドターンを目指している訳ではなく、通常の使用において、効きの弱さを実感していたんです。特に坂道などは、よほど強く引かない限り動いてしまいます。

調べた所、ALPHAとProjectμで対応製品が出ているようです。あくまで目的はロックさせることではなく、効きの改善ですから、そうゆう意味ではどちらを選んでも問題ないでしょう。値段の安いProjectμの「Sports Inner SHOE」を選びました。

ブレーキパッドの交換は数え切れないほど経験がありますが、インナーシューの交換は検討がつきません。ジムカーナ時代に知り合った、なり工場長さんに作業をお願いすべく、持田自動車に伺いました。

なりさんの手際の良い作業を見ていて・・こりゃ、お願いして正解だったな・・と思いました。キャリパーやディスクを外すだけではなく、調整箇所が多いようで、経験がないと厳しいと思いました。なりさん曰く、スカイラインなどと比べて、シューの幅が狭いようなので、これが効きが弱い原因かも・・とのことでした。

20101017

交換後のインプレッションですが・・劇的とまではいきませんでしたが、通常の使用においては満足できる程度の改善が見られたというところでしょうか。

他に不満を感じる箇所もなく、多分、手を入れる所はこのサイドブレーキシューだけになると思います。

交換を検討していたブレーキパッドですが、これまで特に何の不満も感じていません。純正のブレーキパッドは、初期の効きはマイルドでいながら、踏力に応じて確実に効き、とても良く作られていると思います。

また、給排気・ECU・エンジンチューンで何馬力Upとか、エアロにも全く興味がないし・・。

コツコツと手を加えていく楽しみがないのは寂しくもありますが、言葉を変えれば、現状に満足しているということですね。

※後日談
シューの当たりがついてくるにつれて、劇的に効きが改善されてきました。現在では簡単にロックさせることが出来る位に効きます!同じように悩まれている方にお勧めです!

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

Z33・インプレッション

Z33の感覚を掴む為に、何年ぶりだろう・・深夜に首都高を車で流してきました!久しぶりに乗ったら、3号と4号が繋がっていてビックリしました(そのせいで、3号下りは慢性的な渋滞が発生するようになった・・)。

100831

途中、芝浦PAで休憩。

Z33が登場した時は素直にカッコ良い車だなと思ったものです。ですから、今でもサイドからリアにかけての曲線が美しく感じます。内装やイルミネーションは、多少古さを感じさせるスパルタンな印象のDC2と比べて、大幅に進化し、今時の車だな~と感じさせます。

DC2/DC5と比べて車幅が10cm近く拡大しているのですが、首都高を流す分には大きさを感じさせません。街乗りでは難儀する場面もあるかもしれませんね。

走行中、重量(1,450kg!)を感じさせず、DC2/DC5と比べてとにかくトルクフルで、余裕を感じさせる走りをします。なんたって、排気量3.5Lですからね!踏んでいくと、DC2/DC5とは違った加速を体感し、ちょっと怖いです(笑)ただ、スポーツカーという印象は薄く、純正にしては足回りがちょっと固めな、大排気量の乗用車といった感じでしょうか。ハイギアードな設定がそう感じさせるのかもしれません。

気になる点は・・1~3速のシフトフィールが若干渋いことと、サイドブレーキの効きが弱く不安を感じるぐらいでしょうか。Z33は細かくミッションの改良を繰り返してきたようで、初期型の私の車は、こんなものなのかもしれません。また、サイドの方はブレーキシューの交換をしようと思っています。

基本的に手を入れるつもりはないのですが、ブレーキについては、(もう少し見極めてからの話ですが)パッドの交換を検討するかもしれません。それと、後期Z33の純正ホイールのデザインが素敵なので、いつか交換するかも。そして、タイヤはPOTENZA RE-11に履き替えたいと思っています。

ツーシーターにしては、排気量も車体もデカ過ぎると感じつつも・・なかなかFAIRLADY Zという選択はカッコ良いんじゃないかと思っています。

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

次期車両公開!

前述の通り、DC2を売却したことで、次期車両の検討を始めましたが・・現行車では、Z34以外に魅力的と思える車はありませんね。ただ、今回、価格を抑えることも重要だったので、残念ながらZ34は選択肢に残りませんでした。

FD、現行ロードスター、EK9等なども検討しましたが・・・最終的に候補となった車は、現行デミオとZ33でした

現行デミオとZ33、共に魅力的な車です。ただ、両者の性格が随分異なるので、どちらを選ぶかによって今後の方向性やライフスタイルに影響してくるかもしれません。いずれにせよ、どちらを選んでも、それはそれで満足できると思います。

随分迷ったのですが・・気楽な独身生活、今しか乗れないだろうZ33を最終的に選びました。このまま独り身なら、Z33からZ34へと将来的に乗り換えるのも悪くありません。もし、結婚できたら・・その時はデミオに乗り換えましょう!

ちなみに・・実はDC5が条件的に非常に良かったのですが・・さすがにこれは止めておきました(笑)ただ、デザインが良い、走行性能に優れている、4人乗れる、手頃な価格と、改めてDC5は良い車だな~と思いました。

100825

硬派なツーシーターで頑張ります(笑)

ちなみにジムカーナやサーキット走行の予定はありません!決して誘惑しないようにお願いします(笑)ただ、筑波コース1000は(ノーマルのままで)走りたい・・と思っていたりもするのですが(笑)

| | コメント (4)

2010年8月 2日 (月)

真夏の演奏~次期車両選び

今日は、去年も紹介した「ふるさと区民まつり」という地元のお祭りで演奏してきました。最近、練習できていないこともあって、私自身の演奏は酷かったですけどね・・。しかし、本当に暑い一日で参りましたが、夕方頃からは涼しくなり心地よい風を感じることができました。日野皓正さんの演奏もあったので、解散後に聞いていこうかとも思ったのですが、「色々とやらねばならぬことがある・・。」と思い直し帰宅しました・・。貧乏性というか何というか・・もうちょっとゆとりを持ちたいものです・・。

夏を感じさせる暑い一日だったので、夏に公開された映画の主題歌を二曲紹介します(2006年公開の「ブレイブストーリー」と昨年公開の「サマーウォーズ」)。「サマーウォーズ」は8月6日(金)にテレビ初登場!となりますね。

・・・。

ふと思ったのですが・・これを読んでいる人にアニメオタクと思われちゃんてんじゃないかと心配になりました(笑)

話はガラッと変わって、次期車両選び・・難航しています!

どういった観点を重視して車を選ぶべきか?

趣味性も大事だけど、もはやそこまで費用をかけてまで重視すべきことなのか・・。車がないと不便だというシチュエーションは多少はあるのですが、それなら安価で適度な使い勝手を優先すべきか・・。

色々と検討したのですが、いまいち決め手に欠けるし、踏ん切りがつきません・・。

各種情報を参照したり、実際に足を運んで中古自動車を見に行ったりもしているのですが、時間がもったいないし、もうめんどくさくて・・。

そんな中、先日、見に行った車はなかなか良さそうでした。状態は良く(オークション会場における査定結果も見せてもらいました)、多少高いと感じましたが安心を買うと思えば許容できる範囲です。

なかなか踏ん切りがつかない中、その場の勢い、めんどくささ等も手伝って、もうこれで良いかと思いかけたのですが、一旦持ち帰ることにしました。

昔、どこかで、「大事なことはその場で決めるな。」というアラブの教えがあると聞いた覚えがあります(笑)いや、本当にその通りだと思います。

持ち帰って良く考えて・・やっぱ良いなと思いつつも踏ん切りがつかなくて・・誰か背中を押して下さい(笑)

| | コメント (0)

2010年7月15日 (木)

さよなら、インテグラ!

別れは突然やってくる・・。

昨年、ジムカーナから離れると同時に車の乗換えを考え始めたのですが、今年4月に大学院に進学することとなった為、学費捻出を優先して、乗換え計画は凍結となっていました。

仕事に加え、吹奏楽や学業など、日々の生活が充実し、いまや完全にジムカーナへの関心はなくなりました(サーキットは走りたいと思うときがあるのですが、忙しすぎてそんな時間的な余裕はない)。

部屋に積み重ねてあったホイールやタイヤ、スプリング等のパーツ類の売却・処分は一通り完了し、車体の方も折を見て完全にノーマルにするつもりでした。学生生活の2年間は、この古くなったインテグラを乗り潰そうと思っていたのですが、先週、思いもかけず、ノーマルに戻す位なら競技車として売って欲しいという申し出があり、トントン拍子で売却が決まりました。

早速、先週末、引渡しの為に車を預けに行ってきました。私はこのインテグラを活躍させてあげることはできませんでしたからね。新しいオーナーによって各地で活躍してくれることを願っています!

100715

黒の車体にコーナーリングランプを装備したDC2は、そうないでしょう!見かけたら、声をかけてあげて下さい。

純正パーツも全て引き渡したので、随分、部屋も片付きました!これからはおしゃれ路線で行きたいと思います(?)

さて、思わぬ売却となった為、急遽、次期車両の検討を始めなければなりません。学生生活2年間のつなぎとしてとにかく安い車両を探すか、そこそこの車両を思い切って買うか、はたまたバイクで凌ぐか・・といった感じで迷っています。

| | コメント (4)

2009年10月 1日 (木)

ジムカーナ休止宣言緊急記者会見

--ジムカーナ休止宣言をされるとのことですが、本当のことでしょうか?

「苦渋の決断ではありましたが・・今年の神奈川第4戦をもって、一旦、ジムカーナ競技から身を引く決断を致しました。」

--インテグラの売却を進めているのは事実ですか?

「いえ・・特に売却を急いでいる訳ではありません。とりあえず、お金をかけてでもノーマル状態に戻す予定です(パーツ類は売却を進めています)。時期を見て、車は乗り換えるつもりです。」

--休止を決断された最大の理由は何ですか?金銭的な問題でしょうか?

「モータースポーツはお金がかかるのは事実ですが、インテグラ + NTというパッケージであれば、割とリーズナブルに済みました。ただ、これから新たに挑戦したいことがあり、余計な出費を抑えたいとは思いました。」

--他にも理由はあるのですか?

「はい。時間を確保したいと思ったのが最大の理由です。一昨年から再開したサックスが、レッスンを受けていることもあって、自分で言うのもなんですが・・上達しているのを実感しています。そのような状況で、現在、サックス・吹奏楽の活動が非常に充実していて、とても楽しいんです。また、前述のように、将来的に新たに挑戦してみたいことがいくつかあり、その為に時間を確保したいと思っていました。相対的にジムカーナへの関心が薄れてきたのも事実です。」

--「メーメーヤ○さんやU○Bさんのイジメが辛い・・。」ともらしていたと聞きますが?

「だ・・誰がそんなこと!!ノーコメントです!い・・いや、メーメー○ギさんや、US○さんには、とても優しくしてもらっています!関係者も見ているので、その件はこれ以上、追求しないで下さい。くれぐれもオフレコでお願いします(ガクガク)。」

--シリーズを追うこと位は、できるようにも感じますが・・。

「年間6戦前後であれば、確かに出場することはできると思います。しかし、私は性格上、負けても、参加することに意義があると、笑っていられる性格ではありません。出場するからには勝負できる状態で臨みたいと思っています。充分な練習時間が確保できない状態では、シリーズを追う意義を見出せません。」

--次期車両は決まっているのでしょうか。

「はい。やはりスポーツカーは好きなので、そういったタイプの車両をいくつか検討しています。ただ、スポーツカーといっても、競技で勝てるか?といった観点では選んでいません。」

--レギュレーションに不満をお持ちともお聞きしましたが?

「不満・・といった訳ではないのですが、自分が乗りたいと思う車と、競技で勝てる車との乖離を感じていました。実は、個人的には10年規制などの案には賛成なんです。ただ、当然、手軽、且つローコストで始められるジムカーナの魅力を削ぐことになり、間違いなく競技人口の減少が目立つ昨今にとってはマイナスになると思っています。ですので、不満という形で主張しようとは思っていません。前述のように、競技で勝てるか?ではなく、本当に魅力的に思える車に乗ってみたいという気持ちがありました。」

--当面、モータースポーツからは、一切、手を引くという理解で宜しいですか?

「いえ、年に数回位は、筑波のコース1000などのサーキット走行を楽しみたいと思っていますし、浅間台のフリー走行にもこっそり練習に行こうと思っています。」

--最後に、これをご覧の皆様に一言、お願いします。

「2002年頃からモータースポーツを始め、かれこれ8年・・。多くの友人達に恵まれました。そのような方達、コミュニティから去るのは、とても辛いことですが・・いずれまた、必ずお会いできると思っています。今まで楽しい時間を共有してきた友人達に、この場を借りて、お礼を申し上げます。」

| | コメント (6)

2009年3月15日 (日)

相模湖合宿

今日は千葉と埼群で開幕戦が開催され、来週末は神奈川戦が続こうとしています。いよいよ今年もジムカーナのシーズンが始まりました。私は、昨年に引き続き、今年も神奈川戦を追うつもりです。同時に千葉戦も・・と考えたのですが、他のことにも時間を確保したく断念しました。

CCIEが片付いたこともあり、シーズンオフは走り込もうと思っていたのですが、サックスの練習・レッスンと楽団の活動の合間を縫ってという状態でしたので、充分に時間を確保できず練習不足気味です・・。直前合宿ということで、14~15日は相模湖で集中練習してきました。

14日は天気も荒れたのですが、今日は春の訪れを感じさせる一日でした。

090315a

090315b

気持ちの良い一日だったのですが、タイムの方は・・今年も苦戦を予想させる結果となりました・・(泣)

090315c

走るヤギさんを激写!いや~、この日も捕まりました・・あっ、いや、お話をさせて頂きました(笑)

| | コメント (3)

2009年3月 2日 (月)

気になるクルマ

業後に銀座に行く用事があったので、ついでに日産本社を訪れ、気になるクルマをこの目で見てきました。

090303a
FAIRLADY Z

先代のZ33が発売されたとき、カッコ良く、それでいて美しいデザインにとても惹かれました。

ジムカーナで勝てる車ではないかもしれませんが、サーキットを中心に充分にモータースポーツを楽しめる性能を秘めているのも魅力的です。

巧い表現ではないかもしれませんが・・例えば、ポルシェなんかも性能はもちろん、デザインも素敵ですよね。それに、何といってもステータスがあります。けど、私は車に1000万円の価値を見出せません。ポルシェに乗るんだったら、フェアレディZの方がよっぽど良いと思っていました。

ジムカーナを離れて、こんな車で、エレガントで上質に、それでいて時にはサーキット走行を楽しむ生活を送るのも悪くないなと、最近、考えることが多くなりました・・。

Z33も気づいてみれば発売されてから6年も経ち、ご存知のように、最近、モデルチェンジが行われました。基本的にZ33のデザインを継承していますが、写真を見る限りでは、賛否が分かれる微妙なデザインですよね(特にヘッドライトが・・)。

実物を見てみたいと思い、日産本社に寄ってきました。

090303b

090303c

090303d

Z33の方が良いという気持ちは変わりませんでしたが、サイドからリアにかけての美しさはZ34にも引き継がれています。

090303e

乗り込んでみたのですが、内装は、DC2では比較対象にならないくらい上質なものでした。

丁寧に作られているという印象で、美しさと上質さを兼ね備えながら、一方では336PSという驚異的なパワーを誇るZ34に、すっかり魅了されました。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧