2010年12月27日 (月)

PMP試験合格!

本日、PMP(Project Management Professional)試験に合格しました!思えば受験宣言をしてから、実際に準備を整え、受験・合格するまで4か月もかかったことになります・・。

日々の生活は仕事の合間を縫って授業と課題をこなすのが精一杯で、試験勉強の為の時間確保は非常に困難です。どう考えても時間が足りない・・という悲壮感に苛まれる日々を過ごしていましたが、CCIE更新に続きPMPも合格と、今年の目標をクリアできたのでホッとしました。奇しくも理科大・MOTも一昨日から2週間の冬休み。破綻しかかっていた体制を建て直し、読書やサックスの練習に没頭したいと思います。

【参考書籍】
・「PM プロジェクトマネジメント(改訂4版)」中嶋秀隆/日本能率協会
学校のプロジェクトマネジメントの授業にて、参考図書として紹介されていた本です。PMBOKに準拠しており、内容も非常に易しく書かれています。特に試験合格に当たって必読という訳ではないですが、PMBOKを勉強する際の導入書としては最適だと思います。

・「プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第4版」PMI
いわゆるPMBOK日本語版です。PMPにおいては、PMBOKの内容の理解が問われますので外せない教科書です。2回ほど通読しました。

・「PMP試験合格虎の巻 第4版対応」iTEC
各種出版されている問題集の中で評価が高いようです。出題傾向云々はどうでも良く、PMBOKの復習として有用でした。

私はPMBOKを相当読み込んだのですが、効率の点で言えば、問題集に重点を置いたアプローチの方が正しかったように思います。

受験に至るまでのハードルは高いのですが、試験自体はさほど難しくはないと思います。所感としては、当たり前ですがPMBOKの”考え方”が問われているように思います。その意味で、In、Tool,Outの丸暗記よりも、考え方やプロセスの理解の方が重要に思います。特別な知識やテクニックを必要とせず、上記参考書・問題集をきちんと読み込んでおけば大丈夫です。CCIEと比べる人もいたのですが・・CCIEは勉強しても合格する保証がないのに対し、PMPはきちんと勉強すれば合格するので、そうゆう意味では簡単だと思います。

| | コメント (2)

2010年8月19日 (木)

PMP試験予約完了!

以前の記事の通り、今年3月頃にプロジェクトマネージャ試験の勉強をしていました。勉強時間を十分に確保できないという理由で途中で受験は断念してしまいましたが、PMBOKの内容は大体把握できており基礎知識があった為、大学院が夏休みの間に、PMP(Project Management Professional)取得を目指すことにしました!

PMPの受験資格は・・

・ 一定期間以上のプロジェクトマネジメントの経験(36ヶ月、且つ4,500時間)
・ 35時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講

となっています。

実務経験の条件は何とかクリアできると思いますが、ネックとなっていたのは35時間の研修受講です。費用と時間がそれなりにかかり個人での受験は現実的ではない・・会社のサポートなくして取得・維持は難しいと諦めていました。ただ、大学院における授業が研修受講として認められるとの先生のアドバイスを受け、受験することにしました!

申し込みの流れを簡単に説明すると・・

1. 経歴・キャリア(プロジェクト経験)・受講講座を申請し、PMIの審査を受ける。
2. 受験料の払い込み
3. プロメトリックで試験予約

となります。

1.の申請において、詳細な情報入力が求められるので、結構、予約に至るまで手間がかかりますね。無作為の抽出だと思うのですが、まれに監査対象となることがあるそうです。その場合、プロジェクト経験の証明や卒業証明、受講証明などの証拠文書の提出が求められるそうです。面倒なので、監査に引っかからないことを祈るばかりです。

試験日は・・9月13日(月)に予約しました!ほとんど勉強してないんですけどね(笑)

がんばります!

| | コメント (2)

2010年3月13日 (土)

PM試験断念・・・

今月初め位からプロジェクトマネージャ試験の勉強を本格的に始めましたが・・・1ヶ月後に試験を控え、それまでに広範囲に渡る出題分野を十分に理解できる目処が立たず(特に午後Ⅰ・午後Ⅱの難易度が高く、1ヶ月程度の勉強期間で合格水準に達するのが困難と感じました)、残念ながら今年の受験は諦めることにしました・・。

テキストはPMBOK(Project Management Body of Knowledge)に沿って記述されており、初めて触れたマネジメントの体系的な知識体系は非常に興味深かったので、機会を見つけて改めて勉強したいと思います。

| | コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

PM試験・午前Ⅰ対策

以前の記事の通り、現在、TAC通信講座を利用し、今年春のプロジェクトマネージャ試験の勉強を進めています。

試験の流れは以下のようになっており、試験時間は、9:30~16:30の一日がかりで実施します。

午前Ⅰ:多肢選択式(四肢択一)
午前Ⅱ:多肢選択式(四肢択一)
午後Ⅰ:記述式
午後Ⅱ:論述式

午後Ⅰと午後Ⅱ(午前Ⅱも含めて良いかな)はプロジェクトマネージメントに関することなのですが、共通問題と呼ばれる午前Ⅰは、全試験区分共通の問題が出題されます。情報処理技術者として、専門分野を問わず、抑えておくべき共通の知識を問う意図だと思われますが、例えば”アルゴリズムとプログラミング”、”データベース”、”ソフトウェア”、”ハードウェア”等、プロジェクトマネージメント(及び、私の専門分野であるネットワーク)に全く関係のない問題が出題され、正直、お手上げ状態です(涙)

この共通問題・午前Ⅰ対策は、当然、TAC通信講座の「高度 午前共通知識テキスト」を利用するつもりでしたが・・このTAC教材、概念図は全く用いず、文字だけのキーワードの羅列に近く、全く理解できません!せっかく、52,500円の通信講座に申し込んだのに、頼みのテキストが全く役に立たず、泣く泣く、市販の参考書を購入することにしました。

吟味して購入したのは、「やさしい情報処理技術者高度試験午前I・II講座」という参考書です。概念図が豊富で文章も平易で分かりやすいと思います。

100304

「やさしい情報処理技術者高度試験午前I・II講座」高橋 麻奈 (著)

ただ、ここでも誤算が・・

共通問題・午前Ⅰ対策に約1ヶ月を予定していたのですが、大学院の受験準備に追われて、ほとんど手をつけることができませんでした・・。4月の受験日まで日がなく、そろそろ午後の専門分野の勉強に手をつけなければなりません。

本当は本腰を入れて共通問題・午前Ⅰ対策に取り組みたかったのですが、残念ながら、共通問題・午前Ⅰ対策については、過去問中心の勉強に切り替え、理解より足きり回避のその場しのぎ的な対応に重点を置いた勉強にせざるを得ないと思っています。

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

プロジェクトマネージャ通信講座開始

今年春(4月18日)に実施される情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャ試験を受験することにしました。

一昨年、CCIEを取得し、技術習得に関しては一定の成果を残すことができたと思っています。今後も技術向上の為の勉強を怠る訳にはいきませんが、以前より漠然と、次のステップとしてマネージメントを志向していきたいという思いがありました。

分野を問わず言えることなのですが、物事の習得には、”経験・実践”と”体系だった知識”の両輪が必要だと思います。プロジェクトマネージメントにも同じことが言えると思います。仕事・経験を通じて培った能力だけではなく、体系だった知識の裏づけがとても重要なのではないでしょうか。

今後、私の社会人としてのキャリアは、技術からマネージメントに重点をおいた勉強にシフトしていこうと思っており、その手始めとして選んだのが情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャ試験です。

情報処理技術者試験の高度試験区分では、テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験(現:ネットワークスペシャリスト試験)を以前受験し、合格しています。この時はいい加減なもので、3日前位から勉強を始め、共通試験と言われる午前一にはてこずったものの、その他では専門分野ということもあって、比較的簡単に合格できた覚えがあります。

ただ、プロジェクトマネージャ試験では、これまでの技術とは違って結果や正解が目に見えない概念・ノウハウを扱うことや、出題形式が記述式(ネットワークスペシャリスト試験等)ではなく論述式(プロジェクトマネージャ試験等)となること、何より初めて勉強する分野であることを考え、確実な合格を目指す為に専門学校が出版している通信講座を教材に勉強することにしました。

色々な専門学校が各種通信講座を用意していましたが、最終的に産業能率大学が設けているプロジェクトマネージャ試験対策講座を申し込みました。教材が届いてから分かったのですが、教材・コース自体は資格試験の専門学校TACが開発・出版しています。

100109

恐らく教材自体は良く作られていると思いますが・・プロジェクトマネージャ試験の合格は生易しいものではないでしょうね・・(ただ、ざっと見た感じでは、合格率は、ネットワークやデータベース等の他の高度試験区分とさほど変わらないようです)。

情報処理技術者試験は、平成21年度春期試験から制度が改定されました。情報処理推進機構(IPA)が公表していた新試験制度説明会資料によると・・

・プロジェクトマネージャ試験
「取り上げる題材の複雑性や規模を小さくするなど、相対的な難易度を若干下げる。」

との記載があり、適切な勉強をすれば、決して手の届かない試験ではないと思っています。

試験まで約3ヶ月ちょっとですね。他にも色々と勉強したいこともあり時間を確保するのが難しいとは思いますが、新たな段階への最初のステップですので、合格を確実にする為に着実に勉強を積み重ねていきたいと思っています。

| | コメント (0)