2011年6月23日 (木)

PowerShot S95

進学してから遠のいている一眼レフですが、機会があればカメラを手に、どこかのんびり旅行したいな~と常々思っていますし、RAW現像やPLフィルターなどにも挑戦したり、写真展を巡って感性を磨いたり・・と色々と構想はあるのですが、やはり本格的に取り組むのは卒業してからですね。

一眼レフとは別に、常に携帯できるコンパクトカメラが欲しいと思い、9か月ほど前にRICOH GX200を中古で購入しました。ハイアマチュア向けで評価が高く、またデザインも優れており、長い付き合いができるかと思いきや、その画質は満足できるものではありませんでした・・。設定ミス?状況が悪かった?等々と思うようにしていたのですが、とても許容できるものではない!と買い替えをすることにしました。

コンパクトカメラとは言え、絞り優先AEや露出補正を行いたく、そうするとかなり候補は絞り込まれてきます。

OLYMPUS XZ-1がとても魅力的だったのですが、ちょっと大きめで価格も高い。それに、このサイズだと、いっそPENの方が・・と際限がないので候補から外しました。最近、マイクロフォーサーズに魅力を感じていて・・なるべく考えないようにしています(笑)

最終的には無難にCanon PowerShot S95を購入しました。最後まで、デザインがシンプル・硬派で素敵なNikon COOLPIX P300と迷ったんだけどね~。

110623a

一眼レフよりコンパクトカメラが適しているシチュエーションというのは結構ありますよね。これから活躍してくれると思います!

| | コメント (2)

2008年12月19日 (金)

PENTAX K10D購入

K20Dが発売されてから、驚くほどに安くなったK10Dの新品同様中古品を購入しました!

これの購入は本当に悩みました・・。

現在使用しているistDS2は、とても気に入っているのですが、いかんせんベースとなったistDは5年前の製品です。その間におけるデジタル技術の進歩、画質の向上にいやでも関心が募ります・・。が、主な使用用途がブログに写真を掲載することですから、この程度のサイズだと特に画質に不満を持つこともないのも事実です・・。ただ、どうしても手ブレ補正機能は欲しい・・。デジタル一眼レフを使用して初めて知ったのですが、シャッター速度って思ったより稼げず、簡単に手ブレしてしまうことが多いんです。そもそも、一眼レフを2台も持って、うまく使い分けができるかな?

などなど、悩みがつきませんでしたが、結局、中級機にあっては驚くほど安いこともあって、思い切って購入してしまいました。

081219a

今日は人間ドックに行き、その後、明日のサックスパートのクリスマス会(?)のプレゼントを買ってきました。早く帰宅できたので、早速、近所の公園で夕日に染まる風景を撮ってきました。

081219b

081219c

少し出かけるのが遅く、もう陽が落ちかけていました。もうちょっと絞りたかったんですけど、手ブレ補正があっても厳しい感じです。

CCIEも片付いて時間の余裕もできました。これからは、写真にも力を注いでいきたいと思っています。まとまった時間ができれば、都内の名所にK10Dを持って出かけたいと思います。

・2008年12月20日:追記
今日、PENTAX FORUMに行き、ピントの検査をしてもらいました。結果は・・istDS2と同様、規格外(後ピン)ということで工場送りとなりました・・。うぅ、予定が狂った・・。年末年始は、istDS2と出かけようと思います。

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

PaintShopからJTrimへ

現在、画像処理に使用しているアプリケーションは、もう何年も前に購入したPaintShop7.04です。

画像処理・・といっても、そんな大それたことを行っている訳ではなく、Blog掲載用にリサイズ(サイズ変更)や、場合によってはトリミングを行う程度です。

ただ、最近、リサイズに伴う画質の劣化が、とても気になっていました・・。

古いとはいえ、仮にも有償のソフトを使用している訳だし、リサイズに伴う画質劣化が、まさかアプリケーションに依存するものとは思いもよらず、こうゆうものなんだろう、避けられないもの、と半ば諦めていました。

ひょっとしたら、最新のソフトだったら改善されるのかなと思い立ち、AdobeのPhotoshop Elementsの購入も検討しました。が、その前に、ソフトによる画質劣化の違いを確認する為、フリーのJTrimというソフトを使って比較してみました。

これがビックリ、比較すると良く分かるのですが、JTrimでリサイズを行うと、PaintShop7.04と比べて、画質が良い・・というよりは、ぼやけた印象がなくなり、全体的に引き締まったピントが合っているような写真となります。
※但し、ファイルサイズも若干大きくなります。単純に情報量が増えたと理解しています。

あ~、気付くのが遅かった・・。もう6年以上、使用アプリケーションに何の疑いも持たなかったよ・・。

恐らく、PaintShop7.04が悪い、という訳ではなく、詳しくは知りませんが、古いが故に最新のアルゴリズムを実装していない等の理由によるものだと思っています。ですので、今時のソフトウェアを使用されている方は問題ないのかな?と思いますが、私の中では、結構、大きな出来事?だったので取り上げてみました(笑)

JTrim
http://www.woodybells.com/jtrim.html

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

FA43のお披露目♪

ついに待望のDA40のフード&キャップが届き、FA43の使用体制が整ったのでお披露目します♪

071201a

めちゃくちゃかわいい♪

istDS2は私にとって初めての一眼レフだったものですから、当然のことながら経験がなく、当初、焦点距離を言われても全くイメージができませんでした。色々と悩んだ結果、初めに購入したのはDA21という、(今思うと)広角側のレンズでした。DA21を着けて何回か出かけましたが、思ったよりもしっくりこない・・というか使い辛いという印象がありました(初期の頃の話です。今ではとても気に入っています)。

その為、その後、自然とSIGMAの標準ズームレンズ(18-50mm/F2.8)の使用頻度が高まったのですが、やはり軽量・コンパクトで気軽に持ち出せる単焦点も使いたい・・。DA21がどうも使い辛いと感じるなら、40~50mm程度の焦点距離が良いのではと思うようになりました。

候補はDA40mmとFA43mmの二つです。

似たような焦点距離ながら性格が違うようで、絵作りの表現に違いがあるようです(それは、どちらが良い・悪いと判断されるものではありません)。

当初、デジタル用に設計され、且つ値段も一回り安いDA40を購入する予定でしたが、悩んだ末、結局、FA43を購入しました。

理由はね・・外観がかわいかったから(笑)

コンパクトなistDS2にシルバーのFA43mmレンズ、それにDA40のフードという組み合わせは、とても素敵な組み合わせに見えました!

えっ、カメラは鑑賞するものじゃないぞ!撮影に使うものだぞ!って?

仰る通りです!

落ち着いたら、このかわいいカメラを持ち出して、色々と撮影したいと思っています!

| | コメント (2)

2007年10月12日 (金)

はじめてのフォトレッスン・第10回

早いもので、今日で写真の学校も最終回!

が・・すいません、その後の打ち上げでハメをはずして飲み過ぎてしまい・・内容をよく覚えてない・・。

ニック?

マイミク??

クラスメートとは片言のあいさつをしたことしかありませんでした。が、お互いに顔は知っているので、こんな機会があれば一気に打ち解けるものですよね!

普段とは違う色々な分野の人達と話せて、とても楽しかったです!

今日、次のステップのレベルアップフォトレッスンに申し込みをしてきました。

写真をもっと日常のレベルに持ってくる必要があるのでは?と、普段からカメラを持ち歩こう!とモチベーションが高まっているっていうのに、istDS2は入院中・・。早く戻ってこ~い!昨日、FA43mm買っちったよ!本当はCCIEに受かった自分へのご褒美に買う予定だったのに~。

| | コメント (2)

2007年10月 5日 (金)

PENTAX istDS2入院

istDS2を購入後、かなりの枚数の写真を撮ってきましたが、その画質には正直、満足していません。はじめての一眼レフということで素敵な画質を期待していたのですが、「あれ、こんなものなのかな~。」と拍子抜けという感じです。

istDS2のベースとなっているistDは、調べた限りだと2003年8月に発売されています。実に4年前の製品であり、技術進歩の早いデジタルの世界にあっては、既に使用に耐えられるものではないのかな?

恐らく、現像を行うイメージ処理(画像処理エンジン)が、やはり4年前の製品ということで、決定的に劣っているのではないかと想像しています。であれば、RAW現像を行えば良好な結果を得られるのではないかと思い、今度、挑戦してみようと思っています。

最近気付いたのはもっと基本的なことで・・画質以前にピントが合っていない様な気がする・・。

ということで検査を行ってもらおうと、CCIE受験で新宿に行ったついでに、同じく新宿にあるPENTAX FORUMに行ってきました(Ciscoのオフィスの目の前のビルでした)。

40分程待たされ、結果は・・レンズは問題がなく、ボディ側が後ピンとの診断でした。あれ、DA21の方が疑わしいと思っていたのに。ピントのズレはFORUMでも調整できるらしいのですが、今回は”規格外”ということで工場での調整が必要とのことでした。工賃が思ったよりかかり迷いましたが、長く使っていきたい機種だったので修理をお願いしました。

”規格外”の意味が分からず、言葉の定義を説明してもらったのですが、すいません、さっぱり分かりませんでした・・。FORUMで調整できない範囲が規格外?と思ったのですが、そうではないらしいです。

前述のようにCCIEも落ちて、気分転換にカメラを持って都内各地を散策しようかな、と思っていた矢先だったので、長期入院は手痛いですが、良くなって帰ってくるのを楽しみに待ちたいと思います!

| | コメント (3)

2007年10月 1日 (月)

はじめてのフォトレッスン・第8回

写真の学校も終盤に差し掛かりました。

CCIE試験までもう時間もないし、昨日のレッスンはスタジオでモデルさんの撮影ということで、私の撮りたい・・と思っているカメラの使い方から離れているような用途で、直前まで参加するかどうかで迷っていました。

ここ1ヶ月、CCIE試験を控え、週末は会社で勉強をして過ごしていたのですが、このような生活を続けていると本当に気が滅入ってきます・・。気分転換も必要だし、用途は違えど、カメラの可能性を感じてくることも必要かな・・と参加する事にしました。何より、色々と経験してくることは重要ですよね!

松濤のスタジオで、大掛かりな専門の機材の元で、4人の女性のモデルさんを100枚以上撮影してきました。

初めてのスタジオ撮影、そしてキレイなモデルさんを前に、結構、緊張するかな・・と思いきや、なごやかな雰囲気でリラックスして撮影できたと思います。また、モデルさんも慣れているのか、一枚一枚、色々とポーズを取ってくれますので、スムーズに進行します。

私の中で、女性の魅力だと感じている、寄せ付けがたい凛とした表情と、一方で恋人に見せるようなはじけるような笑顔の両方を撮りたい・・と思ってリクエストをしたのですが、ちょっと難しそうでした。撮りたい表情なり仕草がある場合、モデルさんと会話しながら、自然とその表情を引き出していく事が重要だと思います。

100枚以上撮影して、選ぶのが大変なのですが、特に素敵だったモデルさんの写真を掲載します。

071001

レフ板を持って間近に居た時など、「きれいなだな~。かわいらしいな~。」とホント、見とれていました(笑)

| | コメント (2)

2007年9月15日 (土)

はじめてのフォトレッスン・第6回

レポートを数回飛ばしてしまいました・・。

代々木公園の撮影実習等を経て、これまで撮影した写真からベストショット5点を選び、(授業の一環で)アサヒカメラという雑誌が主催するコンテストに応募する作品を講評する、という内容でした。

今まで150枚近くの写真を撮ってきたのですが、どれもこれも平凡な絵に終始してしまって・・なかなか難しいものですね。我ながら応募に値するような作品とは到底思えないのですが、それでも最終的には少しでも良いと思えた5点を選びました(下に掲載した写真です)。

これをプリントして提出する予定です。先生には「A4サイズで印刷するように。」と言われていたのですが、ちょっと調べた感じでは、istDS2の600万画素ではA4サイズのプリントは厳しそうです。一回り小さい”6切”と呼ばれるサイズなら大丈夫かな?と思っているのですが、良く分からないので近所の写真屋さんと相談して決めようと思います。

授業ではクラスメートの写真も見たのですが、人によっては、「あ~、これ良いな~!」なんて、既にもう十分素敵な写真を撮る方もいました。

知識・技術的には大差がないはずなのですが、初心者の段階でも、やはり大きくものを言うのはセンスですね。

意外にも皆さんの写真を見ているのはとても楽しかったです!素敵な写真は見ているだけで飽きないですし、同時にその構図や対象の撮り方等、とても刺激を受けました。センスの良し悪しは写真に如実に表れますが、だからといって諦める必要はなく、センスは磨いていけるものだと思っています。これからも色々と刺激を受けながら試行錯誤を繰り返し、センスを磨いていきたいと思います。

070915a

070915b

070915c

070915d_2

070915e

今週末は関東ミドル第8戦(関越)ですね。シリーズも終盤、皆さん、頑張って下さい。私はというと・・この3連休を会社で過ごす予定です。トホホ・・。CCIE試験まで残り3週間切りましたからね・・。

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

はじめてのフォトレッスン・第2回

昨日から4連休の始まり!CCIEの勉強を進める傍ら、今週末は実に3ヶ月半振りの競技となる関東ミドル第6戦(相模湖)の予定です!

先週のレッスン第1回から昨日まで、カメラを持ち歩き色々と写真を撮ってはいたのですが、宿題の24枚という枚数を撮るのは結構大変でした。

070803a

写真はプリントして提出しなければなりません。今は便利な世の中となり、デジタルデータの画像を昔の写真のように現像・プリントしてくれるサービスがあります。初めて利用したのですが、機械にメディアを差し込み、プリントしたい画像をタッチパネルで選択するだけで、あっという間にキレイな写真をプリントしてくれます。機械自体は様々なメディアに対応しており、私もist DS2から何の加工もせずにSDメモリーカードを取り出してプリントしました。仕上がりに何の不満もありませんが、お店にデータを渡してプリントすると、(技術的・理論的には)より高画質なプリントも可能なようです。

参考・Fujifilm PrinCiao

070803b

講義は前回に引き続き、絞りとシャッター速度の関係による露出の変化や、ISO感度、広角・望遠それぞれのレンズの特性等についての内容でした。

一般に・・
・絞り値が大きいほど被写界深度は深くなる。
・レンズの焦点距離が短いほど被写界深度は深くなる。
・被写体までの撮影距離が長くなるほど被写界深度は深くなる。

広角
・遠近感の強調
・被写界深度が深い
・プレにくい

望遠
・遠近感がなくなる圧縮効果
・被写界深度が浅い
・ブレやすい

知識として覚えただけで、いまいち感覚的にピンときません。恐らく、経験を重ねることにより、これらの特性を感覚として理解できるようになるのだとは思いますけど・・。

070803c
絞りを開放にして背景をボカすという、初めてそれらしいことをやった写真です(笑)

そうそう、プリントして気付いたのですが、24枚中、5枚位がブレていました。手ブレ補正機能がないカメラの場合は、注意を払わないと簡単にブレが起きてしまうものなんだと初めて分かりました。 

070803d

| | コメント (2)

2007年7月28日 (土)

はじめてのフォトレッスン・第1回

迷いに迷ったあげく、前日にエイヤッ!と申し込みを行い、翌日、ちょっとドキドキしながら、写真の学校に行って来ました!

受講生は16名位でしょうか。まずは、皆さん、自己紹介。私のような平凡な会社勤めの方は少なく、普段、身近に接することのない色々なバックグラウンドを持った方がいるんだな~との印象を持ちました。仕事で写真を使うので技術を学びたいという方もいれば、私のように趣味で写真を撮りたいという方等もいましたが、いずれの方も、見よう見まねから、一歩ステップアップを目指して、キチンと技術を習得したいとの意欲に満ちているようでした。

初回の講義という事で、絞りとシャッター速度について基本概要の説明が行われ、その後、自分のカメラを使って絞りとシャッター速度を調整し設定可能な値を確認する。実際に隣の方を露出+2.0、0、-2.0の3通りで撮影し、その効果の確認を行う等のことをしました。ここら辺の基本的なことは個人的に学習していたことでしたので、よく理解できました。

2時間の講義があっという間に過ぎた感じです。当初、不安がないでもなかったのですが、杞憂に終り、なかなか楽しく過ごすことができました。今後の講義が楽しみです!

この学校では毎回宿題が出されます(笑)今回は、マニュアル露出モードで露出を±0に設定し、24枚の写真を撮ってくる、という宿題でした。今週末は成田(浅間台)、博多という予定があるので、カメラを持って出かけてきます!博多での仕事は月曜日で、日曜日に前日移動します。ちょっと早めに出発し、大宰府天満宮か九州国立美術館でも行ってこようかと思案中です。

あっ、それと以前も少し述べたのですが、「SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC」という標準ズームレンズを中古で購入しました。最近、後継のMACRO機能が付いたレンズが発売されて型落ちとなったことも影響しているのか、非常に手頃な価格で入手できました。単焦点はもっとカメラを使いこなせるようになってから、現在の学習過程においては標準ズームレンズが適しているのでは・・と思ったのが動機です。”標準”ということですから、決して、あっても邪魔にならないレンズだとも思ったので、購入に踏み切りました。これで、こてつさんが「ズームができないよ。」などとぬかして、せっかくのオレ様の輝かしい表彰式を撮り逃すということもなくなるでしょう!

070727
istDS2のコンパクトなボディには、ちょっと不釣合いなレンズの大きさが残念ではありますが・・。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧